読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芋を労る

Water Plant

エキノドルス サンタマリア 2001

活かさず枯らさずのままストックしていた水草を引っ張り出してきました。

ストック時の環境がよろしくないので所々にダメージがあり

本来の力強さがありません。

が、ここは昔取った杵柄と言えるかどうかはわかりませんが

この系統の水草には一時期どハマりしておりました。

もう一度、型に嵌めさえすれば難なく立て直せるはずです…多分 (^_^;)

とにかく肥料食いです。

今回のような場合、私は即効性のある固形肥料を株元に適量埋め

まずは目を覚まさせる事に専念させます。

経験上、最初の肥料が切れる頃には

「おはようございます」と言ってくれます。(笑)

調子が上がってきたら、緩行性の肥料を(例えば「おこし」と呼ばれるアレとかです)

追肥してあげると大きく展開してくると思います。

簡単に私の経験上での事を書いてみましたが、

そこには生体の数や近くに同じタイプの根を張る水草があったりと

飼育環境は様々で勝手が違う場合がほとんどですので

サラッと読み流してくださいね♪

芋と根は大切に (^o^)

では、また (*゚∀゚)ノシ